横浜市の太陽光発電専門サイトはソーラーテクノ 〜太陽光発電 用語集

こちらのページは太陽光発電に関連した用語をご説明するページです。太陽光発電用語集として解らない単語や装置の名前などを解り易くご説明致します。

太陽光発電 あ行用語集

あ行 用語

アクティブソーラー(Active Solar)
家庭内における給湯、冷房、暖房、電力などに対して太陽のエネルギーを利用するシステムのことを指す。省エネを目的とし、集熱装置を利用したソーラーシステムや太陽の光エネルギーを活用する太陽光発電システムなどが代表的。
アレイ
ストリングを並列接続したもの。
ただしアレイと呼ばれるのはまれで、通常ソーラーパネルと呼ばれる。たくさんの電力を発電できる。
アンカー方式
瓦屋根などに太陽電池をスムーズに取り付け高さ調節などもできる施行方法のこと。
アルマイト処理
アルミニウムの陽極酸化皮膜である。
また、その加工(処理工程、作業)の事を、陽極酸化処理、アルマイト処理と呼ぶ。アルミニウムの耐食性、耐摩耗性の向上、及び、装飾その他の機能の付加を目的として行なわれる。
アモルファスシリコン
非晶質(アモルファス)状態のシリコンのこと。
結晶シリコンは規則正しいダイヤモンド構造を有するのに対し、アモルファスシリコンはシリコン原子同士がランダムに結合している。各種CVD法、蒸着法、スパッタ法によって製造されるが、製法や組成によって電気的・光学的に大きく性質を変化させることが可能。半導体、TFT液晶、太陽電池、感光素子など幅広く用いられている。また、大面積のものを比較的低コストで作る事が出来る事も強みとなっている。

い行 用語

一次エネルギー
石油・石炭・天然ガス等の化石燃料、原子力の燃料であるウラン、水力・太陽・地熱等の自然エネルギーなど、自然界にあるままの形状で得られるエネルギーのこと。

う行 用語

ウエハ
シリコンのインゴット(塊)を薄く切って板状にしたもの。
裏面電極型セル/バックコンタクトセル(うらめんでんきょくがたせる/ばっくこんたくとせる)
太陽電池セルの電極を裏面に配置したセルのこと。
東芝が採用する米サンパワーの太陽電池セルが採用しているほか、京セラは2010年度にバックコンタクトセルを採用した太陽電池モジュールを出荷する予定です。またシャープなどほかの太陽電池メーカーも、バックコンタクトセルを採用した太陽電池セルの開発を行っています。

え行 用語

エコウィル
「家庭用ガスエンジンコージェネレーション・システム」の愛称。
ガスを燃料にガスエンジンで電気を作り、発電時の排熱を有効利用して給湯や暖房に使う機器。ガスで発電した分、電気代が削減できる。また、電気の使用場所近くで発電する分散型電源で、エネルギーの利用効率が高く、非常にクリーンなシステムであるといえる。
エコキュート
空気中の熱を利用した高効率給湯器。太陽発電とのセット導入で補助金の出る自治体がある。
エネファーム
「家庭用燃料電池コージェネレーション・システム」の愛称。
ガスから水素を取り出して空気中の酸素と反応させて電気を作り、この発電時の排熱を有効利用して給湯や暖房に使う機器。ガスで発電した分、電気代が削減できる。また、電気の使用場所近くで発電する分散型電源で、エネルギーの利用効率が高く、非常にクリーンなシステムであるといえる。
エネルギー・ペイバックタイム(EPT)
太陽光発電システムなど、エネルギーを生産するシステムのライフサイクル(製造から廃棄まで)を通して投入させるエネルギー量が、システムによって発電されるエネルギーにより回収されるまでの期間のこと。
EPTが短いほど、効率よく自然エネルギーを活かせることになります。
EPTは、太陽光発電の製造などに投入するエネルギーが、発電によって何年で回収できるかを示します。
以下のように、太陽光発電の製造から廃棄までに必要な投入エネルギーを、1年間で発電するエネルギーで割ることで求められます。

EPT = ライフサイクルを通して投入されるエネルギー ÷ 1年間に生産されるエネルギー

独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によれば、太陽電池のEPTは下表のように種類や生産規模によって異なるということです。
年産規模100MW、屋根一体型の場合、多結晶シリコンで1.4年、アモルファスシリコンで1年と試算しています。
塩害地域(えんがいちいき)
海沿いなど。
太陽光発電システムを設置する時には、潮風による侵食防止に対応した太陽電池モジュール・部材が必要となる。

お行 用語

オール電化住宅(おーるでんかじゅうたく)
家庭内の冷暖房や給湯、調理などのすべてのエネルギーを電気でまかなう住宅のこと。
オール電化住宅は、エコキュート(ヒートポンプ技術により、空気の熱を使って効率よくお湯を沸かす装置)や電気給湯器、IH調理器(IHクッキング・ヒーター)、エアコン、床暖房システムなどを組み合わせることで、家庭内のすべての熱源を電気でまかないます。そのため、ガスの契約は不要で、毎月の基本料金も支払う必要がなくなります。
ガスを使わない分、電気の消費量は増えますが、ガスや灯油に比べて給湯にかかる光熱費が安いというメリットがあります。
電気料金が安い深夜電力を利用してお湯を沸かすなどすることで、光熱費をさらに安価にすることも可能です。
オール電化住宅では、室内でガスや石油を利用しないことから、一般に安全性が高いといわれています。
また火災の危険性が低いことから、住宅ローンの金利優遇が行われたり、火災保険の特別割引を行ったりする銀行や保険会社があります。
屋内分電盤(おくないぶんでんばん)
ブレーカーのことです。
発電した電力を家庭内のコンセントで使えるように電力を分配する装置。
温室効果ガス(おんしつこうかがす)
二酸化炭素やメタンなどのガスは太陽からの熱を地球に封じ込め、地表を暖める働きがあり、これらを温室効果ガスという。
温室効果ガスは大気中に極微量存在しており、地球の平均気温は約15℃に保たれていますが、仮にこのガスがないと−18℃になってしまう。
産業革命以降、人間活動によりこの温室効果が加速しており、地球温暖化の原因とみられている。
屋内分電盤(おくないぶんでんばん)
ブレーカー。太陽光発電システムで発電した電力を家庭内のコンセントで使えるように電力を分配する装置。

会社概要

株式会社トータルディアネット

TEL:045-350-6632

[横浜事業所]
〒221-0834

横浜市神奈川区台町11-30 台ビル12

[大阪事業所]
〒573-1191

枚方市新町1-4-10 アクアムーンビル204

[FAX]    045-323-3923

[営業時間] 11:00 〜 19:00

[休日]    土・日・祝祭日




ソラエコ 太陽光発電予報

日本気象株式会社様
ソラエコ 太陽光発電予報



Copyright (C) 2012 株式会社トータルディアネット All Rights Reserved.